shotachibaのブログ

ストレスで適応障害になった僕が、自分の内面を晒しながら曲を作るブログ

0日目

突然降ってきた2ヶ月(62日間)のお休み。

 

こんなに長いこと休むのは学生以来で、何をすればいいのか戸惑ってしまったけど、

せっかくなのでこの62日間のことを記録しておくことにしました。

 

 

きっかけは、突然降ってきた62日間のお休み

 

現在僕は、学生時代からずーっとバンドを続けていて、

社会的には、システムエンジニアとして会社員をやっとるのですが、

 

実は先日、心療内科に行ってきまして

そこで「適応障害」という診断を受けました。

 

簡単にいうと、うつの一種みたいなもんで

とにかくツラいことがあって、その状況や環境が原因で一時的にうつ症状が出る、

っていうものみたいです。

 

「障害」っていうと、なんだかたいそうなイメージを持っちゃうけど。

いたって僕は元気だし、よく寝て、よく食って、よく笑って、っていう生活をしています。

 

治療方法は、そういうツラい状況から離れること。

そうすると適応障害の症状はあっちゅう間に良くなるみたいです。

 

僕の場合、仕事場でのストレスが原因で適応障害になったので

医者からドクターストップがかかった、という次第。

だから、二ヶ月のお休みが「降ってきた」のです。

 

「降ってきた」というのは、僕にとって天からのギフトみたいなもんで、

まるで考えられない行動だったから。

 

うちの会社の仕事場は、一般的な企業に比べたらやっぱり大変らしく、
僕も自分でストレスに自覚してなかったみたいです。

 

でもやっぱもう無理だわ、ここにいてもしょうがないし、誰のためにもならん。

そう思って、思い切って退職の相談までしていたのだけど

ふと心療内科にいってみたら、適応障害とか言われるじゃねえか。

 

あーおれはストレスを感じてるんだ。っつーか感じたストレスの発散方法を全く知らねーんだ、ということに気づきまして。

 

ならば、自分のことをちゃんと知らなければならん(自分ではちゃんとわかってるつもりだった)

せっかく2ヶ月も会社に行かねーんだ、自分のことを自分で知るために、ブログやろ。

 

ということで、この62days.hatenablog.comは始まったわけです。

 

 

目指すところは

 

この短いようで長い2ヶ月間、僕は自分で自分のことを知ろうとしていきます。

あと、今までの自分ではやろうと思わなかったことも、おそるおそるやっていきます。

 

ほんで、なぜに僕がこの2ヶ月間のことをわざわざWorld Wide Web上に置いておこうかと思ったか、ってことですが。

 

僕は、自分のお悩みを解決してくれるツールを作ってます。(例えば曲とか)

ほんで、自分の出した答えが、もしも誰かのツールになったら、よいなあ。

と思って、わざわざ公開したりしています。

 

そうすれば、これを見てくれたひとは手っ取り早く僕のことを知ってくれるし、

知ってくれた人のことを、僕はあなたから教えて欲しい。

 

だから僕はこういうことをしてます。

 

(きっと「お前の半ニート状態の生活なんか知りたくないわバーカ」的な人もいるよね、わかるぜお前の気持ち。バーカ。)

 

このブログでやること 

 

ほんでもって、上述したことをなるだけわかりやすくするために、このブログでは以下のことを心がけるよ。

 

  1. 毎日の記録をする
  2. パーソナルな部分をおおっぴらにしていく
  3. 曲を1日1曲作って、upする

 

これだけしかやりません。(あんまりやりすぎると、めんどくさくなっちゃうからね)

 

 

あなたはだれ?

 

申し遅れました。

私は千葉 将太(26歳,男, 日本)です。

 

今の時代、学歴も、性別も、国籍も、容姿も、思想も宗教も、関係ないよ!

っていうのが当たり前になってきたけど、

 

どうしたって気になるじゃん、人のことって。

 

なので、明日はそういうのをメインに書こうと思います。

 

たぶんこれを見てくれてる友達でも、僕の知らないこといっぱいあると思うんだけど、

そういうのも知ってくれたら、僕はうれしいです。

 

 

さいごに

 

まずは0日目から、やることやろうと思うよ。

引きこもってるけど、僕は元気だよ、ってことで。

 

 

Hello everybody, I'm fine

Good night everybody

As you say it, I could say

 

夕暮れのインビジブル

溢れ出す明日の願い

隠れている灯のように

 

And I believe tomorrow

 

Hello everybody

I'm fine. You're fine.

Good night everybody

As you say it, I could say

 

Jump to tomorrow !

広告を非表示にする